「ヒマラヤのバイアグラ」と言われる「冬虫夏草」の減少、過剰採集+気候変動の影響関係か?

中国などアジアの伝統医学で万能薬として珍重され、
純金(24金・24K)よりも高い価格で取引されることもある
「貴重な冬虫夏草(オフィオコルディケプス・シネンシス Ophiocordyceps sinensis)」の採集が難しくなってきている原因の一つが過剰な採集、もう一つが気候変動の影響もあるとする論文が22日、
「米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、通称:PNAS)」(電子版)で掲載された報道がありました。

ここまで希少価値が出てくると「偽装品・偽物」が闊歩・暗躍することになりそうな気配。。。

少しでも本物を追求して購入するならとみんな考えます。

日本国内で栽培された「冬虫夏草」が本物故に大人気
より健康になってくださいませ。