よく加熱されていない豚や野生動物の肉を食べ人に献血自粛を呼びかけ

<日本赤十字の発表によると>
血液製剤の輸血を受けた患者がE型肝炎ウイルスに感染したことが複合要因となり、劇症肝炎を発症して死亡。

献血者がE型肝炎を発症していないが、献血から約2カ月前に生の鹿肉を食べ、それが原因でE型肝炎に感染した可能性も。

本来、E型肝炎は、E型肝炎ウイルスに汚染された肉や水などの摂取が感染源。
また、
よく加熱されていない豚や野生動物の肉を食べることなどで感染する事も。

これらに該当されました方には「献血自粛を呼びかけている」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*